記事一覧

熊本ブロック会員釣果報告

ファイル 15-1.jpegファイル 15-2.jpegファイル 15-3.jpeg

12月23日 週末の天候が安定しているのは、久しぶりじゃないか!ということで釣りに行ってきました。但し、毎年のことですが、この時期の週末は忘年会が入ってきますので、23日はのんびり起きてお酒が抜けてからの出発となりました。

お昼に長島の堂崎の堤防に到着です。幸い先客の方はいません(^^♪ ここは、昨年初めてきてみてクロが釣れたので、可能性大ということでやってきました。テトラの上からになりますが、テトラにしては足場はいい所です。
結果は、4時間の釣りでしたが、30cm前後の口太が6匹釣れ、この時期の波止にしては、上出来でしょう!! ということで、16時半に納竿です。

そして、これからは夜のお楽しみ(^_-)-☆ということで、場所を浦底の波止に移動して、夜釣りでアジを狙います。
ここは、フカセで狙えて型も出る印象でしたので、18時過ぎから釣り開始です。
結果、こちらも約4時間の釣りで、25-30cmのアジが10匹 15-20cmが20匹と読み的中の釣果でした。

この分だとしばらくアジ釣りに通うな(#^.^#)

熊本ブロック会員釣果報告

ファイル 14-1.jpegファイル 14-2.jpegファイル 14-3.jpeg

11月25日に、クラブ会員の堀内、藤元くんと牛深に行ってきました。
渡船は石鯛丸さんにお世話になり、大ガンゼに渡りました。但し、いつもと違うのは、私以外の二人は、底者狙いです。

まず竿を曲げたのは藤元くんで、本人もびっくりの70cm程の大鯛でした。
私の方は潮の流れが速く、魚の活性が低いのかエサとりすら釣れない状況でしたが、ようやく潮が緩んできたタイミングで沖にできた潮のよれをダイレクトに狙ってから40cm程の尾長をなんとかゲットです(その前に2発 切られています(''Д'') )。
その後は続かず、13時前に45アップの口太を御用しましたが、やはり続かず、14時半に納竿としました。

堀内くんは、35cmのガキをなんとかゲットしましたが、総じて3人とも厳しい結果でした。

熊本ブロック会員釣果報告

ファイル 13-1.jpgファイル 13-2.jpgファイル 13-3.jpg

9月18日、熊本ブロック会員の濱田さんと前回いい思いをした長島の地磯に行ってきました。

前回を踏まえて、クロは30オーバーそしてイサキの顔を拝むという目標を立てて頑張りました。が・・・
イサキは何とか1匹釣れましたが、クロの方は、コッパばかりで撃沈してしまいました。

濱田さんは流石の釣果で30cm程の口太を2枚と最後に上げ潮の本流に乗せて、35cm程の尾長をゲットです(^◇^)

この尾長は、茶色で尻尾がシャープなとても綺麗な魚でした。今、流行りの、インスタ映えする~ ナイスショットが撮れました!!

熊本ブロック会員釣果報告

ファイル 12-1.jpgファイル 12-2.jpgファイル 12-3.jpgファイル 12-4.jpg

9月3日に前田さんと、以前から気になっていた長島の地磯へクロ狙いへ行ってきました。

当日は、12時過ぎが干潮でしたので、11時頃に到着して釣り開始です。初めてのポイントなので、潮や魚の状況はわかりません。まずは、ドキドキしながらマキエサを撒いてみます。アジゴは・・・いない! コッパグロは・・・いる(^^♪ やる気満々で今日の目標を30cmオーバーにします。 (期待)

二人して釣りを開始しますが、しばらくはつけエサが残る状況が続きます。おそらくエサが入っていなかった為だろうと考え、1時間位撒くと反応が出てくるだろうと判断。もくろみ通りしばらくするとコッパが釣れてきます。つけエサをムキミにした所、30cm位のオナガがヒット!! 目標達成です(^◇^) (安堵)

14時を過ぎた頃からだんだん上げ潮が強くなってきます。潮に乗せどんどん仕掛けを入れていくと、バチバチっと体感ショックの当たりです。竿を立てサイズアップを確信した直後に無念のチモト切れです。チモトが傷んだままだった(''Д'') (後悔)

その後、ますます潮の流れが勢いをましてきます。ハリスにガン玉を追加してエサもムキミオンリーでどんどん流していくと、再び体感ショックです。なんと35cm位のイサキが喰ってきました。
再び同様に流していくと、今度は38cm位の口太です。なんだこの地磯のポテンシャルは!! (驚愕)

前田さんも同サイズのイサキを2匹釣り満足の釣行となりました。

但し、帰りの行程は大変で、40過ぎのオッサンにはこたえました。
 (疲労)

熊本ブロック会員釣果報告

ファイル 11-1.jpgファイル 11-2.jpgファイル 11-3.jpg

8月12日から13日にかけて、赤イカ釣りに行ってきましたので、簡単にご報告します。
当日は、前回と同様にせいほう丸さんにお世話になり甑沖での釣行です。
住田さん、樗木さん、山内さん、遠矢さん、大山くん、そして私を含めた6人全員がイカメタルの仕掛けで挑みました。
当日の当たりカラーは、赤+黄色で、各々50~70杯くらい釣れ大満足の釣行。その中でも、大山くんは、型、数ともにダントツの釣果でした。流石です(^◇^)
このイカメタル釣行は、今回で2回目でしたが、竿にダイレクトにくる引きは、幼少期によくやっていたカサゴ釣りを彷彿とさせ、やはり面白いな~(^^♪ と実感させられました。

もうしばらくは、赤イカは釣れそうですが、秋磯開幕に向けてそろそろ準備しなきゃですね(まだ早いか?)。

熊本ブロック 懇親会

ファイル 10-1.jpgファイル 10-2.jpgファイル 10-3.jpgファイル 10-4.jpg

7月29日に熊本ブロックの懇親会を行いました。
場所は、湯之児温泉街の一角にある隠れた名店の亀萬(焼き鳥屋)さんです。
個人的には、ここの焼き鳥は一番美味しいと思っていますし、なんといっても大将の気さくなトークがいい隠し味になっています(^◇^)

最近ルアー竿を買っただの、赤イカ釣りにハマっているなど、磯釣りオフシーズントークで盛り上がっていましたが、うちの中原名人は、この日もチヌ釣りに行かれたとのことで、気合と肌の色が違っていました!!(流石です)

まだまだ暑い日が続いていますので、体調管理には十分気をつけて、魚釣りを楽しんでいきたいですね。

熊本ブロック会員釣果報告

ファイル 9-1.jpgファイル 9-2.jpgファイル 9-3.jpgファイル 9-4.jpg

7月2日は佐潟鼻へイサキ狙いへ。また7月15日から16日にかけて、赤イカ釣りに行ってきましたので、ご報告します。

佐潟鼻は、いつもの下の沈みです。6時出港、12時回収の午前中の勝負です。つけエサはボイルで通します。仕掛けは、パイプ径の大きいウキを使い全層でどんどん入れていく釣りと、2段ウキの3Bで深タナをしっかりタナをとる釣りの両方を潮や風の加減で選択しました。結果は40cmのイサキ:1匹と 45cmのグレ:1匹でした。同行者の前田さんは、グレ:2匹と二人ともやや厳しい結果でした。但し、バリは乗っ込みのようでお腹パンパンでしたよ。ハサミをもっていってなかったので、次回はキープしようと翌週にも気合を入れていましたが残念ながら、天候不良で中止となりました。

そして今回、初めて船からのイカメタルゲームにチャレンジしてきました!!
鹿児島ブロックの住田さんにイチから教えて頂き、船酔いすることなく、赤イカ(剣先イカ)を50杯も釣ることができました。シャクリをいれ、スローフォールをさせていく時に、メタルの動きが一瞬止まる当たりは、何とも言えず最高でした!(^^)!
夏は、シロシブ狙いでしたが、赤イカ狙いに完全に変わりそうです。そしてなにより、食味も最高でした!

熊本ブロック会員釣果報告

ファイル 8-1.jpgファイル 8-2.jpgファイル 8-3.jpgファイル 8-4.jpg

5月14日に佐潟鼻へグレあわよくばイサキ狙いで釣行してきましたので、ご報告します。

当日の潮は中潮で、9時8分 満潮:241.0cm 15時45分 干潮:24.8cm でしたので、下げを狙って11時の出港としました。港で準備していると、偶然にも渕上さんと濱田さんが下の沈みに渡るとのことでやってきました。

さて瀬上がりですが、沖の沈みを予約していましたが、まだ足元を波が洗っていましたので、安全とあと半日釣りと時間がないと考え、空いていた三角へ瀬上がりしました。

結果ですが、30-35cmの尾長(口太はゼロ)が7-8匹で、イサキはゼロでした。パターンとしては、シバエビのムキミをつけて、少し深めのタナで待っていると、30オーバーがヒットする感じでした。
下の沈みの釣果は、渕上さんが、40前後の口太を3匹と流石の釣果で、タナは、1本~1本半で生オキアミとのことでした。イサキはこちらも釣れなかったとのことで、もうあと1潮先かな?といった感じでした。

追記:最近、5.7mの竿使っていますが、肘が痛くなりますね。いわゆるテニス肘というやつです ((+_+))

熊本ブロック会員釣果報告

ファイル 7-1.jpgファイル 7-2.jpgファイル 7-3.jpgファイル 7-4.jpgファイル 7-5.jpg

2月26日の日曜日に石鯛丸さんにお世話になり、牛深へ釣りに行ってきましたので、ご報告します。

当日は、長島の蔵之元港を7時20分発、牛深行きのフェリーに乗船すべく、着替えを済ませ荷物の準備も終え待合室でゆっくりしていると、クラブメンバーである中原くん、白坂くん、小崎くんも同様のプランで釣行とのことでやってきました(全くの偶然です。前日の夜には情報は入っていましたが)。

7時50分に牛深へ到着すると、一緒に釣りをする天草在住の堀内くんと合流し、早速、石鯛丸に乗り込みます。私達二人を、オコゼのかぶりへ、中原くん達3人をオコゼヘ瀬渡しします。

仕掛けは、最近やってみようと考えている、下ハリス長め(2ヒロ半)の全層仕掛けにします。
11時半位まで、ここで釣りをしましたが、足の裏のグレ2匹どまりでした。堀内くんは、足の裏4-5匹に30オーバー1匹です。
なにが違うのか? 堀内くんは、タナをとっていた。ガン玉もうっていた。こっちは、当たりをしっかり取れてなかったかな?

その後、小ガンゼのかぶりに瀬変わりしますが、全く魚の気配がありません。ガンゼのカブリのお客さんが15時に上がるとのことで、入れ替わりで瀬上がりします。ラストチャンスと気合を入れると、
やはり場所がいいのか、しっかりと釣れてくれました。しかもお腹パンパンで、その夜に食べましたが、脂ノリノリで磯臭さもなく美味しかったですよ(^^♪
やはり前から思っている持論ですが、釣りは、1.場所 2.潮 3.腕ですね。この前、Oh!エド釣り日記を見ていると、エド山口さんも同じことを言われており、やっぱりそうかと思いました。ちなみにエドさんの場合は、4.運 もありました。

最近は、週末になるとシケてきて熊本ブロックの懇親大会も中止ばかりです。3月12日の大会(at 牛深)は、無事に開催されますように。

追記:中原くん達もいい釣りができたみたいです。

熊本ブロック会員 釣果報告

ファイル 6-1.jpgファイル 6-2.jpgファイル 6-3.jpgファイル 6-4.jpgファイル 6-5.jpg

1月28日の土曜日に、天草の高浜にクラブ員の渕上さんと濱田さんの3人で釣りに行ってきました。

秀漁丸さんに渡船をお願いし、最近、好調の(だった?)シロイワに3人で瀬上がりです。寒クロシーズンなので、多少は釣れるだろうと高を括っていましたが・・・ 結果は、3人でクロ:2匹(45cm前後) チヌ:4匹(50-45cm)の厳しい結果となりました。

その日の夜は、地元の田尻くんも合流して、楽しい宴となりました。

ページ移動